交通量が多い場所の工事

迷惑を掛けないための対策

交通量が多いところで工事を行うと、その道を通りたい人の妨げになってしまいます。
混雑回避の対策として、特に高速道路では、橋や道路を利用する人が少なくなる夜間に工事が行われています。
工事が行われる少し前に、何日の何時から何時まで工事が行われると予告されます。
夜間に高速道路を通る予定があったら、前もって変わったことがないか確認することをおすすめします。

また二車線以上ある広い道路なら、片側一車線にしなくても良いので昼間に行われることが多いようです。
工事中は道路に工事の作業車が止まっていたり、作業員が道路を横断したりします。
スピードを出して通るとぶつかる危険性があるので、いつも以上に慎重に運転することを意識しましょう。

片側一車線になる時

狭い道路を昼間に工事する場合は、どうしても片側一車線になってしまいます。
片側一車線になると普段よりも道路が混雑するので、事前に確認し、急ぐ用事があるなら迂回ルートを通ることをおすすめします。
最新のカーナビだと工事を行っているところや、渋滞が起こっているところを表示してくれるので、ルートを決める際の参考にしましょう。

工事が原因でなかなか車が進まないと、イライラするかもしれませんね。
しかし工事を行っているのは、安全にみんなが橋や道路を通れるようにするためです。
工事をしている人たちに感謝し、きちんと工事に協力してください。
無理に通ろうとすると工事をしている人たちだけでなく、他の車にも迷惑を掛けますし、事故が起こってしまいます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る